記事一覧

身体を動かしながら脳を鍛えるトレーニングが実践できる、高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」を開発、提供開始 〜 脳科学の知見を活用し、高齢者向けサービスとしては国内初の Brain Science マークを取得 〜

投稿日 :
カテゴリー : ニュースリリース

2017年3月13日

各位

logo

株式会社キッズスター
代表取締役 平田 全広

身体を動かしながら脳を鍛えるトレーニングが実践できる、
高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」を開発、提供開始
〜 脳科学の知見を活用し、高齢者向けサービスとしては国内初の
Brain Science マークを取得 〜

株式会社キッズスター(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:平田全広、以下、キッズスター)は、2017年3月13日(月)、脳科学の知見を活用し検証した、高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」をリリースいたしましたので、お知らせいたします。

■︎「脳エクササイズ」について

「脳エクササイズ」は、問題に合わせて考えながら手足を動かし操作する、モーションセンサー Kinect を活用した、新しいレクリエーションサービスです。
高齢者向けデイサービスや介護施設、フィットネスクラブなど様々なシーンで、1回3分、身体を動かして頭の体操を日常的に行うことで、高齢者の認知症予防や健康増進、介護予防にご活用いただけます。

kidsstar_01

■︎「脳エクササイズ」と、従来の脳を鍛えるトレーニングとの違い

「身体を動かしながら」様々な脳を鍛えるトレーニングを行うことで、従来の脳を鍛えるトレーニングを行うことに比べ、高齢者の認知機能が向上することが期待されます。
株式会社日立ハイテクノロジーズ、株式会社日立製作所の協力のもと、脳科学の知見を活用、検証し、「脳エクササイズ」は、Brain Science審査会で承認された商品に対して付与される、Brain Science マークを取得しました*1。高齢者向けサービスに Brain Science マークが付与されるのは国内初となります。

  • *1 Brain Science 審査会とは、脳科学で用いられる脳機能計測・行動計測・生理指標計測などを用いて、科学的検証を進めた結果を外部の専門家にも審査いただくプロセスで、妥当と認められたものに対して Brain Science マークが付与されます。

■︎導入介護事業者様の声

  • 『目新しく楽しそうなので、自然とまわりに人が集まってきて盛り上がります。これほど利用者の皆さんに注目されたレクリエーションは初めてです』(施設スタッフ様)
  • 『短い時間だけど頭を動かした感じがした。人がやっているのを見て、ついつい体が動いちゃった』(利用者様)

など、大変ご好評をいただいています。

kidsstar_04

■︎今後の展開について

高齢化社会に伴い、介護・認知症予防への関心と、多様な介護サービスへのニーズが高まっている環境を受け、「脳エクササイズ」は年内に300施設への導入を目指します。
また、本サービスの販売開始に伴い、2017年3月15日(水) ~ 3月17日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「第3回 CareTEX 2017 介護施設ソリューション展」に出展します。会期中は展示場にて実機でのデモ体験、特別商談会を実施します。

<CareTEX 2017 開催概要>
会 期 : 2017年3月15日(水)~17日(金) 9:30 ~ 17:00
会 場 : 東京ビッグサイト
ブース : 東6ホール No.20-12
入場料 : 無料(登録制)
主 催 : ブティックス株式会社

* 詳細は、キッズスターの CareTEX (ケアテックス)企業ページ (http://caretex.jp/1110) をご覧ください。

【脳エクササイズ詳細】

■︎豊富なコンテンツ

制御力や判断力、識別能力、一次記憶力を鍛える等、複数のコンテンツを提供しています。更にコンテンツは順次オンラインで追加、提供される予定です。
また、全てのコンテンツは利用者様はもちろん、周りで見ている皆様も一緒になって楽しんで実践できる工夫が凝らされており、1対1の利用だけではなく、施設でのコミュニケーション活性化ツールとしてもご活用いただけます。

■︎個人登録、認証機能/利用履歴、成績記録システム

付属のタブレット機器にて、施設の利用者を登録することができます。プレイする際に登録した利用者を選択することで、プレイ日時や成績を保存し、いつでも過去のプレイ履歴や成績を振り返ることができ、毎日続けるモチベーションアップにつながります。

■︎「脳エクササイズ」検証内容

脳機能計測と認知科学的手法を用い、以下の検証を実施いたしました。高齢者(60~72歳の男性18名)を対象に、問題に合わせて手足を動かしプレイする「脳エクササイズ」と、ゲームパッドを用いて指先だけでプレイする「PC ゲーム」を体験してもらい、体験前後に認知課題(ストループ課題*2、GO/NOGO 課題*3)を実施しました。分析の結果、前頭部中央右側領域において、「PC ゲーム」ではプレイ前よりプレイ後の方がストループ課題中の脳血流反応の増加が小さくなりましたが、「脳エクササイズ」のプレイ前後では、脳血流反応の増加に変化は見られませんでした。このプレイ前後の脳血流反応の変化は、「脳エクササイズ」と「PC ゲーム」の間で統計的有意差があることがわかりました。また「脳エクササイズ」を行うことにより、認知課題の回答時間が短くなることもわかりました。
この結果は、短時間の運動により認知機能が向上し、この機能向上には脳の代償機能(加齢による脳機能低下を防ぐと言われる)が関与していることを明らかにした先行研究*4 と同様の傾向を示しており、「脳エクササイズ」により高齢者の認知機能が向上することが期待されます。

PR_03

  • *2 ストループ課題: 文字の色と意味の一致・不一致を判断する課題。
  • *3 GO/NOGO 課題: ボタンを押すなどの行動を抑制させる課題。
  • *4 先行研究: K. Hyodo,I. Dan, K. Suwabe, Y. Kyutoku, Y. Yamada, M. Akahori, K. Byun, M. Kato and H. Soya, ” Acute moderate exercise enhances compensatory brain activation in older adults”, Neurobiology of Aging, Volume 33 | pp2621-2632, November 2012

【株式会社キッズスター 会社概要】

会社名 株式会社キッズスター
代表者 代表取締役 平田 全広 (ひらた まさひろ)
設立 2014年11月
本社 東京都世田谷区池尻2-4-5 世田谷ものづくり学校207
事業内容 ファミリー向けデジタルコンテンツ事業
高齢者向け介護支援ソリューション事業
URL http://www.kidsstar.co.jp/ (コーポレートサイト)

■︎キッズスターの紹介

キッズスターはすべての子どもたちがそれぞれの「夢中」を見つけるために、多彩な知育・教育アプリや、最先端の技術を使った体を動かす新しい遊び「デジタルアトラクション」等を提供しています。
今回、子供の能力開発で培ってきたノウハウを、体力レベルが子供と近くなる高齢者向けに活用し、「脳エクササイズ」を開発しました。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

株式会社キッズスター 担当: 金城(かねしろ)、藤森(ふじもり)

メール: alliance@kidsstar.co.jp

電話: 03-6805-5625

  • ※本リリースに記載の事項は発表日時点での最新情報となります。

  • ※「脳エクササイズ」は、株式会社キッズスターが登録商標出願中です。

  • ※Brain Scienceマークは、株式会社日立製作所の登録商標です。

  • ※Microsoft, Windows, Kinect, Xbox は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

  • ※その他、各社の社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。